プロが教える!結婚指輪の手入れの仕方

輝きが曇ってしまったら、中性洗剤で洗う

結婚してから毎日のようにつけている結婚指輪ですが、家事に、仕事に、遊びにと……長い間つけていると、段々と傷や汚れが目立ってきてしまいます。そんな時はプロ直伝のお手入れ方法を試してみて下さい。
まずは指輪の輝きが曇ってきたな、と感じた際に出来るお手入れ方法から紹介します。結婚指輪の素材として人気の、プラチナ、ゴールド、ダイヤモンドなどは、手の油分などにより曇ってくることがあります。初期段階であれば、柔らかい布なのでそっと拭いてあげると良いでしょう。しかし、汚れが取れないような状態になりましたら、家にある中性洗剤で洗うことをお勧めします。ごしごしと洗うのではなく、泡でそっと洗ってあげると輝きが戻ってきます。

重曹でケアしてあげる

仕事や家事の度合いにもよるのですが、やはり長年付けていると、取れない傷のようなものが付いてしまいますし、汚れも溜まってきます。そんな時は、重曹を使ってケアしてあげることをお勧めします。
重曹は普段のそうじでも使われる、万能おそうじ道具です。まずは歯ブラシに重曹を付けて(少量にしてください)、そのまま指輪の上を滑らせるようにして磨いてあげます。その時は強くこすらないようにしましょう。返って傷が深くなってしまいます。
次に、歯ブラシで獲れなかった汚れは、つまようじなどでそっと取り出してあげると良いでしょう。その後は、ぬるま湯を使って、何度も丁寧に洗ってあげます。家で簡単に出来るケア方法ですので、こちらもお試しください。